工場清掃など清掃業者を利用する|ピカピカクリーンで気分もピカピカ

house cleaning requirement

清掃業者への依頼

house cleaning service

ビルなどの清掃だけでなく、最近では女性の社会進出から家事清掃をする時間が取れないということが見られて住まいの清掃も清掃業者に依頼ができるようになってきています。

Read More

依頼のトレンド

house cleaning requirement

会社やホテルなどの清掃は主に清掃業者に依頼をしてから行っています。清掃業者に清掃を依頼することによって企業利益は上がるとも言われていて、実際それが目に見えていることがあります。

Read More

依頼の方法とメリット

house cleaning service

住まいの清掃をしたいけど時間が取れないということが見られていますが、これは今流行のハウスクリーニングのサービスを利用することで解決することが出来ます。依頼はインターネットなどを利用するのが主流になっています。

Read More

オフィスの清掃

オフィスの清掃業者を選ぶ際に知っておくべきことです

house cleaning requirement

清掃業者を使うに際してリスクがいくつかありますので、知っておくと良い知識としていくつか挙げます。まず清掃業者のスタッフは清掃の時にしか来ないので、オフィスのレイアウトや備品の位置などはあまり頭に入っていません。このため清掃中に備品などを落としたり、清掃道具をぶつけたりして破損してしまうリスクがあります。このような場合を想定して、その清掃業者が損害賠償保険に加入しているかどうかを確認することが勧められます。次に、休業日や、夜間や早朝などの営業時間外に清掃スタッフがオフィスで清掃をする場合、盗聴器を設置されるリスクがあります。これに対する対策として、選ぶ清掃業者の取引実績や創業年数などをよくチェックすることが勧められます。

選び方で工夫すべきことです

オフィスの清掃のコストをできるだけ安く済ませるために工夫ができます。同じ清掃業者でも、日常清掃的にオールラウンドの清掃をする業者もあれば、スペシャリスト的な清掃業者もあります。スペシャリスト的といいますのは、高所での窓ふきやパイプを含め水回りの清掃などを得意とする業者です。清掃業者の選び方として、各清掃箇所ごとにスペシャリストの業者を使う方法もあります。また、オールラウンドの業者を中心に、プラスアフファでスペシャリスト業者も少し使うやり方もあります。どの方法を取るかにより、コストも違ってきます。業者を使う会社はもちろん清掃に割り当てられる予算が決まっています。したがって、清掃業者と契約する前にコストをシミュレーションすることが勧められます。